北見厳寒の焼肉まつり

今日は2月10日に行われた北見厳寒の焼肉まつりの様子をお知らせしちゃいます。このイベントには北見地区養豚団地協議会として毎年参加しており、約1,500名の参加者へ地場産豚肉の「安全・安心」「消費拡大」をPRしております。

 協議会の小田島会長を先頭にオホーツク管内の養豚生産農家とJA担当者、協議会事務局であるホクレン北見支所畜産生産課の皆様とこのイベントを盛り上げるため、管内産豚肉の詰め合わせを抽選で約300名の方へ提供し、更にその場で食べて貰い、アンケート調査も実施致しました。斜里町からも佐々木種畜牧場の佐々木専務とJA担当者が参加し、協力させて頂きました。

当日会場の様子

P1080990.JPG

参加した佐々木専務とJA担当者

P1080980.JPG

ホクレン北見支所の皆様

P1080987.JPG

 

参加者は一人1,500円を支払い、お肉詰め合わせをゲットし、厳寒の中ビール片手に焼肉を楽しみました。地元の北見市を始め、管内・道内更には京都府等道外から参加した方もおり、もちろん我が斜里町からの常連さんも参加しておりました。当日はマイナス12℃という気温の中でしたが、太鼓有り、歌有りの約2時間を皆さん堪能されていました。

斜里からの常連さん

P1080999.JPG

今後もこのようなイベント等を通して消費者の方に「安全・安心」な農畜産物をPRしたいと思います。