鏡開き!

 皆さんこんにちは。

 さて年が明け、早いもので1月も半月を過ぎました。

 今日の題名である、鏡開きですが、ブログをご覧の皆様はお雑煮、もしくはお汁粉を食べられたでしょうか。

 新聞やインターネットに載っていましたが、鏡開きは北海道では1月7日が一般的で、餅を割るときは刃物ではなく、木づちや手を使い、また、その割れ方でその年の農作物の豊作を占うそうです。

 

 冬は寒くなるほど空気が乾燥し、餅が割れやすくなります。その割れやすい年は夏が熱く作物がよく育ち、割れ方が大きいほど豊作になると言われているそうです。

 

 今年の農作物は豊穣で、年末にはよい出来秋だったと皆様が思えるように期待したいですね。