プラントでのペーパーポット作り

 皆さんこんにちは。

 さて、先日ご紹介したビートのペーパーポットですが、今日はプラントでのペーパーポット作りをご紹介します。

 プラントは工場、施設、設備などの意味がありますが、ここで言う「プラント」とは営農集団の中で集まった人(営農集団全員ではありません)で作業分担して、ペーパーポットを作る場所のことを言います。

 もちろん個人で作る人や、集団単位ではなく近所の組合員同士で集まってペーパーポットをつくる人たちもいます。

 

 ① ペーパーポットの両端にくしを入れます。

IMG_10.JPG

 

 

 ② 突起板という凹凸のある板にペーパーポットをはめます。

IMG_11.JPG

  

    このレバーでペーパーポットを左右に広げます。

IMG_12.JPG

 

  IMG_161.JPG

  

  

 

 ③ はまっていない箇所を箸など細長いもので直します。

  IMG_162.JPG

  

  

 ④ コンベアーに乗った土がバケットを通り、ポットに土を載せます。

  IMG_163.JPG

  

   IMG_164.JPG

 

  

 ⑤ 土が載ったポットを機械に載せ、振動させてポットに土を詰めます。 

 

IMG_167.JPG

 

 

 ⑥土が詰まったポットに板を載せ、反転機という機械でポットを回転させます。

   IMG_168.JPG

 

   IMG_169.JPG

 

 

 ⑦ 回転させたペーパーポットから突起板を外し、ビートの種を入れる機械へ入れます。 

 

IMG_170.JPG

 

 

  IMG_171.JPG

 

 

 

 ⑧ うまく種が入らなかった箇所にはピンセットで直接種を入れます。

  IMG_172.JPG

 

 

  ⑨ ビートの種が入ったポットの上に更に土を載せます。(覆土)

    これで1冊のペーパーポットが出来ました。

   IMG_173.JPG

  

  

  ⑩ 出来上がったポットは各組合員のハウスへ運ばれます。

 

IMG_174.JPG

 

  

 

 ⑪ ハウスに運ばれたポットはトラックから専用の運搬機の移され、ハウスの後ろから並べて行きます。このハウスの中で、4月下旬から5月上旬くらいまで(苗になり、畑に植えるまで)育てます。

   IMG_175.JPG

 

 

  IMG_176.JPG

 

   IMG_178.JPG